1月って意外と出費する

毎年思うのですが、1月って意外と出費するんです。

まずは、なんといってもお年玉。私は未婚ですが、正月の親戚の集まりでその場にいる子供たちにお年玉をあげないわけにもいきません。5人ほどいるですが、私は子どもがいないのでその分ちょっとだけ少なめにあげていたのですが、だんだん子供たちが大きくなってくると500円や1000円では済まなくなってきます。5人に2000円づつあげたって1万円ですものね。

それくらいっていうかもしれないけど、やっぱり1万円って大きいですし…。子どもがいる人達同士はやり取りしてるって感じもありますけど(もちろん子どもにあげているんですけど)私はそうでもないのでなんか…腑に落ちないところもあったりして(笑)

金額減らすとかあげないとかってすると付き合い的にも面倒なので仕方ないとは思っています。もっとフランクな親戚づきあいしてるところがちょっとうらやまし~

bas_106

それから、何故か私の家族は私以外が1月誕生日なのです。両親、姉二人…。両親はともかく姉は早々から「コレがほしい」と要望を出してくるのであげないという選択肢がありません。私も自分の誕生日には好きなもの買って貰うのでお互い様ですが、4人分の誕生日プレゼントとなるとそれもちょっと出費になります。

 

あと、これは自業自得ですが1月って正月バーゲンとかウィンターセールが多くて洋服がついつい欲しくなってしまう!安いのがさらに安いとか弱いんですよね。洋服を買うのは趣味のようなものなのですが、やっぱり安いものもたくさん買うとそれなりの金額なりますからね。

 

そんな感じで、気がついたら1月って月末になるとかなりカツカツってことがあったりします。ヘタしたら1年の中で一番カツカツしてる月かもしれません。毎年なんとなくで乗り切っていますけど、今年は夏頃から「1月に向けた貯金」とかしてみようって思っています。

出費するってわかっているものに対しては前々から少しづつ用意していることで楽に乗りきれるような気がするのです。

 

オナラで逮捕…気をつけないと?

今日、ラジオを聞いてたら、アメリカのフロリダ州に住んでいる女性が夫が再三の注意もかかわらず寝室でオナラを繰り返したことに腹を立てて暴行を加えて逮捕されたというニュースが流れていました。

オナラに腹を立てて殴るって…どんだけ?!と思いますよね。夫のシャツは引き裂かれていて、胸には複数の擦り傷があり、催涙スプレーを使って寝室から追いだそうとまでしたそうです。

よっぽど凶悪的な臭いだったのでしょうか。寝室で一緒に寝ているのに臭いオナラを何度もされたら確かに嫌になりますよね。どっかいって!と思う気持ちはわからなくもありません。特に臭いやつだったら…睡眠どころではないですから。

とはいえ、ちょっとやり過ぎですよね(^_^;) どんな状況だったかはわからないのですが、もしかしたら旦那さんに悪気があったわけじゃないかもしれません。オナラってコントロールできるようなものじゃないですし。ウトウトしててオナラが出そうだからと起き上がって別のところへ行くことができなかったかもしれないですし。そこらへんはよくわかりません。

オナラの臭さは食べたものに影響されると言われています。イモ類やネギなどの臭いのあるものは消化の時に発生するガスが多かったり臭いがあったりするようです。

他に、オナラが多いのは腸の病気が考えれるといいます。アメリカの件も、もしかしたら毎晩のように夫のオナラに悩まされていたのかもしれません。その場合は、病気の疑いもあったわけですよね。知っておいて悪い知識じゃないなぁって思います。知っていたら、病気かもしれないと思って暴行まで居たらなかったかもしれませんし。

実は、私もちょっとオナラをしてしまうことが多いのです。外では平気ですが、夜、家でくつろいでいるとどうしても…。これはやはり消化のせいなのでしょうか。みっともないので気をつけたいのえすが…。

でも、生理現象で絶対にオナラしないって人はいないともいうので、人前で堂々とブホォ!としなければいいかなぁとも思っています。

20130122011217

収入の範囲で楽しむことを探す

私はあまりお金がありません。同年代の人に比べたら収入も貯金もかなり少ないでしょう。それでも自分がしたい仕事をしているのであまり文句はありません。

それでも、周りの友達を見ると楽しそうに外食していたり、洋服を買っていたり、旅行をしていたりして羨ましく思うこともあります。そして、「お金がない」で友人を疎遠になるのだけは嫌で、いろいろと工夫したり節約したりして遊びにでかけたり買い物をしたりはします。みすぼらしい格好にならないようにも気をつけています。

でも、お金をかけているわけではありません。美容院へいく回数は年に3回ぐらいで、年頃の女性からしたらかなり少ないと思いますが、自宅でセルフヘアパックをしたり、普段はヘアアレンジを楽しんだりしています。痛むのが嫌なので染めることもありませんので…。

洋服も、すごく好きなブランドやデザインというのはあるのですが、なかなか手がでない値段だったりするので、似たようなデザインの可愛いところで安いところを探したりネット通販を見たりしています。時には自分でプチリメイクしてオリジナリティを出したりもします。

お金はかけてなくても、かわいい格好だねって言われるのは嬉しいものです。ブランドものを着ているという安心感やステータスだって悪いことではないし、私もそういうものはいくつか持っていたりしますが、なんでもかんでもブランドものじゃなきゃ!というのはできません。

そんなことをしていたら、私の収入では到底追いつかないし、ものが買えなくてイライラしてしまうのです。自分が使える範囲のお金でどうやって楽しむかって考えるのはとても楽しいことです。人と同じでなくちゃっていう考えを捨てて、自分なりを楽しまないとですね。

これは専業主婦の方でも同じことが当てはまると思います。ズボラな格好で子育て忙しい!おしゃれ無理!っていうより、ちょっとした工夫でおしゃれをしてたほうがママ友づきあいもしやすいかもしれませんよ?

201501D2C_絶対やっちゃダメ!「ママ友」付き合い作法_04

質屋でお金が借りれるって知ってた?

お金がない!お金が借りたい!っていう時は、誰かに頼み込むのもいいけど、やっぱり消費者金融とかクレジットカードのキャッシング機能を使ったりすることがほとんどです。

ただ、専業主婦の人だと収入がないからキャッシングは使えないっていうことがあります。そういう時は銀行のローンだと専業主婦でも借りれるっていう場合もあります。旦那さんにもバレずに借りることができるので、家計をやりくりしてコツコツ返済していけばバレずに返済もできるでしょう。しかし、見つかってしまって喧嘩になってしまったり、返済が間に合わなくなってしまったりっていう可能性もないとは言えません。

そんな時にちょっと利用してみたいのが、質屋です。質屋ってお金に困った時だったり不必要なものがでた時にブランド品を売りに行くっていうイメージがあります。ブランドものを買い取って売るというのが質屋なんだと思っている人が多いみたいなのですが、実は「質預かり」というものもあるのです。

これは、持ち込んだ宝石やブランド品といったものを鑑定してもらって、それに見合った金額を貸してもらえるのです。持ち込んだブランド品をなどは質屋に預けます。人質ならぬ物質…ってことですね。借りたお金が期日までに返せなかった場合は、預けた品物は質屋のものになってしまいます。

売ってしまうのは惜しいから、お金が返せるなら取り戻したいって時には利用したいですよね。売った方が高いという場合もあるようなのでそこら辺は臨機応変に考えた方がいいと思います。

家にあるものを利用してお金を借りたり、売ったりしてお金を作るのは専業主婦でもしやすいことなのです。ブランド品だけでなくても、電動工具だったりiPodだったりと引き取ってくれるものはわりとたくさんあります。それに、質屋は街中にもよくあってキレイなお店も増えているので利用しやすいという利点もあります。

キャッシングができない、利用できないという場合には質屋もいいかもしれませんね

img_0

バイト生活の人がお金を借りたい時

今の時代、正社員でも派遣社員でもなく、アルバイトで生活をしているという人は多くいます。一人暮らしや実家ぐらしなら、それでもそれなりに生活できてしまうからです。とはいえ、多くの貯金を持っているという人は少ないでしょう。

そうなると、急な出費があるととても困ります。特に一人暮らしですと家賃や光熱費といったものを考えると誰かからお金を借りられないと大変なことになってしまいます。それが1週間ほど入院することになったりする場合であったら、その日数分の収入さえなくなるわけですから翌月がより大変になりますね。入院費もかなり辛い出費になります。

家族や友人が快くお金を貸してくれるならまだしも、お金の問題は家族でさえも信頼関係にヒビを入れてしまうことがあります。できることなら、消費者金融などで借りられたら一番安心ですね。

しかし、アルバイトという雇用形態だと、消費者金融ではお金が借りられないということも多々あります。アルバイトというだけで審査から除外されるなんてこともあるのです。

では、アルバイトはお金が借りられないのかといったらそういうわけでもありません。

バイト向けカードローンたうん

arbeit_head_image

もちろん、正社員として働いている人に比べたら、審査は厳しいです。でも上のサイトにあるように最低限のラインをクリアしていたらお金は借りれます。同じ場所でずっと働いていて安定した収入があるなど…。

返せないほど借りてしまわないように、今は総量規制法という法律もありますから借りすぎるということも心配ありません。アルバイトでも簡単に何百万円という高額を借りられてしまうのであれば、それは違法業者の可能性があります。

審査をクリアする条件は会社によって違うし、本当に通るかどうかは申請してみないとわかりません。アルバイトの人でお金を借りたいと考えている人は、まずは申請してみるといいでしょう。1つめがダメでも、他の消費者金融なら大丈夫ということもありえます。

 

闇金ってほんとにあるんだ;

闇金とかってテレビとか本の世界でしか見聞きしないから、現実味があんまりありませんでした。闇金をメインにした漫画とかも好きで読みましたし、ドラマとかでもよく闇金が出てきて~なんていうものもありますよね。実際、自分にはなんの縁もないものだからこそ、面白がって見ているというのもあるかもしれません。ヤクザの世界とかもそうです。自分には縁がないから、面白半分で映画とか見ちゃう。

The bankruptcy

と、思っていたのですが、つい最近、闇金を現実で体験することがありました。なんと、親戚が闇金からお金を借りていたことが判明したのです。その人…仮にAさんとしまして、と私は頻繁に連絡を取るような親戚ではないのですが、別の親戚のところにAさんがお金を返さないからどうしてくれるって電話が闇金からあったそうです。もしかしたら、私のところには電話があるかもしれないから気をつけてとわざわざ連絡してくれました。

もうびっくりしちゃって。しかし、親戚中に電話をかけてくるような闇金でしたら大変なことです。旦那にも、旦那の家族にも迷惑はかけれませんし、私は意を決してAさんに連絡してみました。電話に出てくれるか不安でしたが、出てくれたので、本当に闇金でお金を借りたかどうかを尋ねると、電話の向こうで泣き始める声…。溜息をつくしかありません。

Aさんは警察に相談をしに行ったけどまるで相手にされないというような話をしてくれました。警察に闇金の相談をしてもまともに取り合ってはくれないんですよね…。

なので、私はAさんにいますぐ弁護士に相談に行くように言いました。闇金対応を得意とする弁護士っているんですよ。そういう人たちに相談をすると、しっかり対応してくれるし、嫌がらせの電話もかかってこなくなるのです。面白半分で見ていたテレビの知識が役に立った気がしました。

親戚中に迷惑をかけては大変だから、Aさんが速急に行動してくれることを願っています。

また来週、電話してみようかな。

 

過払い金の請求の締め切りが迫っている

ここ数年よく耳にすることがあった「過払い金請求」というもの。

法律で定められた金利(18%)以上の利息を知らないうちに払っていたということが認められると払い過ぎた金利を取り戻すことができるというものです。いわゆるグレーゾーン金利というものですね。

多額の借金を消費者金融からした人だけということでもありません。ちょっとの借金でも過払い金が認められるケースもあります。某有名な司法書士事務所では朝の5時から夜遅くまで受付をしているので、電話をしてみるだけでも価値はあるかもしれません。

完済しているならばちょっとは戻ってきて嬉しいですし、現在も払い続けている人ならば借金を減らせますから楽になりますよね。個人でも請求できるみたいですが、プロに任せるのが一番確実でしょう。

 

しかし、過払い金の請求期限は法律が変わってから10年とされていて、来年がその10年になりますので、考えている人は早めに連絡するといいと思います。司法書士事務所も駆け込み需要で忙しくなれば対応が遅くなるかもしれませんからね。

実際に、過払い金を請求されすぎて倒産した消費者金融もでてきているくらいです。少しでも戻ってくる可能性があるならばチャレンジしてみるといいでしょう。

いま現在お金に困っているという人でも、すぐにというわけでもなくても、お金が戻ってくるなら助かりますよね。返してもらえるものや受け取れるお金はきちんと把握しておくと良いと思います。

会社や国や自治体、色々なところで給付金や控除金などの制度があります。個人でも事業者でも。意外とこういう制度を知らずに損をしている人って多いものです。

申請する手間などはあるかもしれませんが、せっかく貰えるはずや控除になることができるお金はしっかり手続きをしないと勿体無いですよね。

市や自治体は場所によって違ったりしますので、自分の住んでいる地域にどんな制度があるのかを調べて見るのは良いことかもしれません。

ichi-man

食生活が悪いのか、腸が悪いのか…

ちょっとした悩みなのですが、私は夕飯を食べると少ししてから必ずといっていいほどオナラがでます。臭い時もあれば臭わない時もあります。家でひとりでいるから気にせず放屁してしまっていますが、誰かと一緒だったり外食だったりすると困りものです。

オナラが臭い時は便秘の時だったりするので、やっぱり腸内環境が良くないんだろうなぁって思っています。ブツの臭いか悪玉菌の臭いかわかりませんが…(^_^;)

やっぱり腸内環境って食生活が原因だったりするのでしょうか。私はこれといって深刻にストレスを抱えている生活をしているわけでもないので、生活環境に問題があるとしか思えないのです。

朝ご飯は食べず…夜は野菜中心のおかずですがご飯は食べずビールを1杯…。

自分で書いていてダメな食生活だなってわかってしまいました。これがオナラの原因になっているかわはわかりませんが、ちょっと調べてみると腸に良い食事と便秘の解消が必要になってくるみたいです。

デートとか大事な外出の時にはガスピタンとか持ってでかけたりもしていたのですが、この先ずっとそういうのは嫌だなって思いますからね。世の中にはオナラが原因で引きこもりになってしまうなんていうケースもあるそうなのです。確かに、出したくなくても人前で頻繁にオナラをしてしまったら外を歩くのも不安になってしまいますよね…。

腸内環境の改善というと、やはり善玉菌を増やすのが一番だとききました。ヨーグルトとか食べたりサプリメントを飲んだりするのがいいのでしょうか。食物繊維は確かに腸の掃除にはなるけど、食べ過ぎると逆に食物繊維が詰まってしまって便秘が酷くなってしまうこともあるそうです。

少しづつ食生活を改善しながら、善玉菌を増やすと言われる食材も取り入れていかねばです。

ちなみに、腸内環境が悪いと顔の肌荒れもするそうで…。私が肌荒れが多い理由ももしかしてそこにあるのかもしれないです…。不思議ですね、身体の中が悪いのに顔に現れるなんて。

20091011_846974

白髪染めで陰毛も染める

最近ちょっと耳にした、個人的にカルチャーショックだった話があります。

それは、陰毛にも白髪が生えるということ。

なんか、勝手なイメージではあるのですが、腕や足、脇、下の毛など(つまり頭以外)の毛は歳をとっても黒いものだと思っていました。確かに、真っ白になるってわけではないらしいのですが、白髪交じりになることは普通みたいです。そんなマジマジと妙齢の女性の毛なんて見ることありませんし、そんな話をすることもありませんから、ちょっとびっくりしてしまいました。

しかも、気にする人は下の毛を白髪染めで染めていることもあるというのです。見られたら恥ずかしいというのと、やはり白髪があるというのがショックな模様。年齢を重ねても見られて恥ずかしいって思えるほど女性らしい心であり続けるっていうのは、良いことなのかもしれませんね。結婚して子育てに忙しいとかだと自分の身なりは疎かになりがちですものね。

とはいえ、白髪染めで染めるって危なくないの?なんて思ってしまいます。だって下の毛っていったら大事な部分を守る役割があるものですよね。そして、その大事なところってデリケートじゃないですか。大丈夫なのかな??って気になってしまったのですが‥

陰毛の白髪

慎重にやってるよって人のお話…なんか、想像するだけでちょっとスリリング!(笑)実際に大事なとこについちゃうと痛いみたいですし。

でも、確かに頭の髪の毛のちょっとした白髪の目立つ部分と、下の毛の白髪の気になるところを手軽にいっぺんに染めてしまえるのであれば楽ですよね。アンダーヘア用のものとか、どっちにも使える低刺激なものとかもあるみたいですけど、そこらのドラッグストアに売っているとは思えないし、高そうなイメージもあります。実際はどうなんでしょうね。

加齢もあるけど、ストレスや食生活とかも白髪につながるっていうので、40歳過ぎて下の毛に白髪が!ってならないように今から気をつけておきたい気持になりました。

o0283042412051685333

ふくらはぎはマッサージするのが大事

美脚になりたいならふくらはぎマッサージは必須!だと私は思っています。

ふくらはぎをマッサージすることで、血流やリンパの流れが良くなって老廃物が蓄積しにくくなるからです。

むくみは解消するし、老廃物もなくなってスッキリするから、スラっとスタイルの良い脚になれるんです。

お風呂の湯船の中やお風呂あがりなど、身体が温まっている時に足首から膝裏に向かって持ち上げるように撫でたり、トントンしたり、もんだり…。やり方はいくつかあると思いますが、基本は温まっている時に下から上へ、です。たった数回や5分程度やるだけで、その日のむくみが解消するし、続けることで脚が太くなりにくくなるっていうんだからやらない手はありませんよね。

また、美脚効果だけでなく、疲労回復や免疫力向上といった身体の健康にも効果があるって言われています。少し前に、死にたくないならふくらはぎを揉め(長生きしたいならだったかな?)とかそんな感じの本が流行りましたよね。

下半身って体中の血液の70%が集中してるんですけど、その血液を心臓まで押し戻すッ役割がふくらはぎにあるんです。だから、ふくらはぎをしっかり機能させるために揉んであげると、全身の血の巡りがとっても良くなるんです。

体温も上がるから肌の調子も良くなったりするんですよ。

私も毎日ではないけど、思い出したときには必ずふくらはぎマッサージをしています。そのおかげなのか冷え性気味だったのはすっかり解消しました。

マッサージを始めた頃は押すと痛い!と思っていたふくらはぎも、今ではそう思わなくなりました。たぶん、筋肉が凝っていたのでしょう。凝っているということは血流が悪いってことですからね。

脚が細くなったかどうかは置いといて、明らかにむくんで醜い脚のラインということは少なくなりました。夕方になっても靴がキツイってことも減りましたよ。

ふくらはぎマッサージ、やって損はないし、簡単にできるからぜひともやって欲しいなって思います。