ダイエットのこと

今年こそ、夏までにはダイエットを成功させる!と春に意気込んでいたのですが結果は…あまり成功したといえるようなものでなく…。

ちょっとだけ体調を崩してご飯があまり食べれなかった時があって、その分だけ1kgぐらい減ったかな―っていう程度でおわってしまいました。どうしてこうダイエットって長続きしないんでしょうね。意思が弱いからかなぁ。

でも、食べれなかった分痩せたということは、やはり食べる量を減らすというのは簡単に効果があるってわかってしまいました。当たり前、ですけれども。

食べないでダイエットって絶対に健康に悪いだろうからしたくなかったんですけど、ちゃんと食事制限はするべきですね。食事制限といっても単純に食べる量を減らすということではなく。普段と変わりない食事をしていたらそれを上回る消費が必要になってしまうので、食べる量を変えなくても、カロリーを控えめにする料理にしたり、間食を控えたり。それだけでもちょっと違うはずなのです。

ついついお菓子を必要以上に食べてしまったり、お酒を飲み過ぎたりってことがあるので意識して余分な食事をしないようにしようって思いました。

劇的なダイエットをしたいわけでなく、ちょっと3キロほど体重を落としてボディラインがスッキリすればいいなぁ程度なので、これからでもまだ間に合うかな。8月の終わりにはスッキリなっていればいいなと思います。

あとは、ぽっこりしてるお腹をどうにかできたら一番なのですが…。慢性的な便秘だったりするのでそれが原因かなと思っています。でもどんなに便秘にいいっていうものを試してもなかなか改善されず。友人は酵素を飲むようになったら治った!というので、私も挑戦してみうかと思っています。生理痛まで改善されたなんていうから女子的には気になってしまいますよね。酵素の錠剤?カプセル?を1日2,3回飲むだけって言っていたので難しいこともなさそうですし。

しかし、酵素もいろんなところで売っていてどれを買っていいのかわかりません…

Fotolia_49959852_S-min

体臭が気になる

最近、ちょっと体臭が気になります。

特に自分を臭い!って思ったことがあるわけではないのですが、先日、電車に乗った時に近くにいたキレイなお姉さんが思わず鼻を塞ぎたくなるような臭いを発していたのです。お姉さんワキガだったのかな…って考えたりもします。でも、どんなにキレイに着飾ってスタイルが良くても臭いがイマイチだと幻滅しちゃいますよね。

なんだかそれ以来、自分も臭くないかな?って気になるようになってしまいました。昔、母親の口臭がキツくて嫌だったのも思い出して、普段よりも歯磨きや舌を洗ったりしてしまいます。身体も毎日すごい洗うし洋服も脱臭スプレーかけたくなってしまって。

フッと気づいたのですが、潔癖症のような感じで臭いに過敏になりすぎている自分がいました。

誰からも臭いとは言われたことはありません。でも、どんなに親しくてもアンタ臭いねって真正面から言うのって難しいから、密かに思われてるかも?なんてなりますよね。先日、数人の友人に私臭い?って思わず聞いてしまいました。答えは別く臭いと思ったこと無いというもので安心しました。

 

臭いが気になるので色々調べてみましたが、体臭というのはストレスとか食生活によって臭くなったりもするみたいですね。何を調べてみても、結局は早寝早起きでストレスのためない野菜中心の健康的な生活を送りましょう♪という結果に行き着くので、難しいなって思ってしまいました。

他にも、ワキガは病院で治してもらうのが一番っていうのも知りました。ワキガってそもそも病気に分類されることも知らなかったのですが…

 

なかなか自分では自分の臭いには気づけ無いので、思いついた時に、家族や友人に自分の臭いが変じゃないかを聞いてみるのが一番いいかもしれませんね。

香水などもキツイよりもふんわり香った方がいいから、香水の量なども適切か周りに聞いてみるのもありかな。ひとりで悩むよりもストレスにならないから、いいかもしれません。

AE_A0017_009

紫外線を浴びるのは夏だけではない

日焼け止めというと、夏専用のアイテムというイメージが強いですよね。
でも、私は今の季節でも日焼け止めを使用しています。
夏ほどヘビロテする事はありませんが、よく晴れて日差しが強い日にはほぼ必須と考えています。

若い頃は、夏しか紫外線対策をしていませんでした。
しかし、紫外線によるダメージは季節に関係なく少しずつ蓄積していっていると知ってから、秋が訪れてからも紫外線を気にするようになりました。
過剰反応と言われてしまうとそれまでなのですが、「塵も積もれば山となる」ということわざ通り、少しずつ蓄積していった紫外線によるダメージが数年後にはシミやシワとなって現れるのです。
極限まで若い肌を保ちたい私としては、どうしても気になってしまいます。

もちろん、日焼け止めに頼りすぎるのも問題という事は理解しています。
なので、最近では日焼け止めよりも日傘で凌ぐ事が増えました。
日傘というとおばさんというイメージを持たれがちですが、今では若い女性でも日傘を持つ人は多いんですよ。
それに、敏感肌の人はどうしても日傘に頼らざるを得ないですからね。

これから冬に近づいていくにつれて、あまり紫外線が気にならなくなるでしょう。
しかし、一年を通して最低限の紫外線対策はしておきたいものです。