オナラで逮捕…気をつけないと?

今日、ラジオを聞いてたら、アメリカのフロリダ州に住んでいる女性が夫が再三の注意もかかわらず寝室でオナラを繰り返したことに腹を立てて暴行を加えて逮捕されたというニュースが流れていました。

オナラに腹を立てて殴るって…どんだけ?!と思いますよね。夫のシャツは引き裂かれていて、胸には複数の擦り傷があり、催涙スプレーを使って寝室から追いだそうとまでしたそうです。

よっぽど凶悪的な臭いだったのでしょうか。寝室で一緒に寝ているのに臭いオナラを何度もされたら確かに嫌になりますよね。どっかいって!と思う気持ちはわからなくもありません。特に臭いやつだったら…睡眠どころではないですから。

とはいえ、ちょっとやり過ぎですよね(^_^;) どんな状況だったかはわからないのですが、もしかしたら旦那さんに悪気があったわけじゃないかもしれません。オナラってコントロールできるようなものじゃないですし。ウトウトしててオナラが出そうだからと起き上がって別のところへ行くことができなかったかもしれないですし。そこらへんはよくわかりません。

オナラの臭さは食べたものに影響されると言われています。イモ類やネギなどの臭いのあるものは消化の時に発生するガスが多かったり臭いがあったりするようです。

他に、オナラが多いのは腸の病気が考えれるといいます。アメリカの件も、もしかしたら毎晩のように夫のオナラに悩まされていたのかもしれません。その場合は、病気の疑いもあったわけですよね。知っておいて悪い知識じゃないなぁって思います。知っていたら、病気かもしれないと思って暴行まで居たらなかったかもしれませんし。

実は、私もちょっとオナラをしてしまうことが多いのです。外では平気ですが、夜、家でくつろいでいるとどうしても…。これはやはり消化のせいなのでしょうか。みっともないので気をつけたいのえすが…。

でも、生理現象で絶対にオナラしないって人はいないともいうので、人前で堂々とブホォ!としなければいいかなぁとも思っています。

20130122011217

収入の範囲で楽しむことを探す

私はあまりお金がありません。同年代の人に比べたら収入も貯金もかなり少ないでしょう。それでも自分がしたい仕事をしているのであまり文句はありません。

それでも、周りの友達を見ると楽しそうに外食していたり、洋服を買っていたり、旅行をしていたりして羨ましく思うこともあります。そして、「お金がない」で友人を疎遠になるのだけは嫌で、いろいろと工夫したり節約したりして遊びにでかけたり買い物をしたりはします。みすぼらしい格好にならないようにも気をつけています。

でも、お金をかけているわけではありません。美容院へいく回数は年に3回ぐらいで、年頃の女性からしたらかなり少ないと思いますが、自宅でセルフヘアパックをしたり、普段はヘアアレンジを楽しんだりしています。痛むのが嫌なので染めることもありませんので…。

洋服も、すごく好きなブランドやデザインというのはあるのですが、なかなか手がでない値段だったりするので、似たようなデザインの可愛いところで安いところを探したりネット通販を見たりしています。時には自分でプチリメイクしてオリジナリティを出したりもします。

お金はかけてなくても、かわいい格好だねって言われるのは嬉しいものです。ブランドものを着ているという安心感やステータスだって悪いことではないし、私もそういうものはいくつか持っていたりしますが、なんでもかんでもブランドものじゃなきゃ!というのはできません。

そんなことをしていたら、私の収入では到底追いつかないし、ものが買えなくてイライラしてしまうのです。自分が使える範囲のお金でどうやって楽しむかって考えるのはとても楽しいことです。人と同じでなくちゃっていう考えを捨てて、自分なりを楽しまないとですね。

これは専業主婦の方でも同じことが当てはまると思います。ズボラな格好で子育て忙しい!おしゃれ無理!っていうより、ちょっとした工夫でおしゃれをしてたほうがママ友づきあいもしやすいかもしれませんよ?

201501D2C_絶対やっちゃダメ!「ママ友」付き合い作法_04