どこまで貯めればいいものか

結婚を話し合っている相手がいます。

遠くないうちに、同棲からでもいいので一緒に住む予定で話を進めています。私も相手も実家を出たことがないのでいま自分たちにある貯蓄で大丈夫かなとか、住む場所とかどんな家とかとにかく手探りすぎます。しかも、お互い仕事の休みもなかなか合わず、気軽に会える距離でもないので実際に会えるのは月に2,3回…。思うように話は進んでいないのも現状です。

私も相手も何よりお給料が乏しいというのがあって蓄えがたくさんあるわけではありません。引越しから敷金礼金含めてた家賃、光熱費、生活用品を買い揃える…最低限のことを考えてもふたりの貯金合わせて足りるかな?となるぐらいです。まだもう少し節約を心がけて貯金をつくらねばとなっていますが、そんなことをしていたらいつまでも一緒に暮らせない気がしてたりもします。

こういうものってどこまで貯めればいいものか、それとも勢いで二人の生活を初めて足りない部分は節約したり後から買い揃えたりとしていけばいいものなのでしょうか。

相手があともう少しちゃんとお金作ってからいまの仕事やめて住んだ場所でまた仕事探すというので少し不安もあります。通勤時間が長いところは苦手だそうで…。私は働いててくれればいいので相手が働きやすい場所で構いませんが、高校生のバイトのようなお給料はさすがにやめておくれよってなっちゃいます。

お互いに親がいるっていうのもちょっと悩みどころではありますね。私は家の近くに姉が住んでいるので、相手の親に近いところに住んだほうがいいとは思っていますが…都会ほどじゃないけどそんなに家賃安いわけではないところみたいです。そんなところも気になっちゃいますね。

とはいえ、なるべく早い方がいいと思っているのでせめて来年の前半で丸く収まるようにしたいです。生活するのって何するにもお金かかるんだなぁと改めて思ってしまいますね。いっそ宝くじでも当たらないかな(笑)

The couple who stares in a room

The couple who stares in a room